2018年の手術件数


昨年1年間で、1203件の白内障手術を施行しました。

うち、210件が先進医療の多焦点眼内レンズ手術(2焦点)

22件が、自由診療のオーダーメイド多焦点および3焦点でした。

多焦点レンズ手術の比率は過去最高の19.3%となりました。

昨年もたくさんの患者さんに来院していただきました。南共済病院時代からのご紹介を続けてくださっている開業の諸先生方、この場を借りてお礼申し上げます。

しかし、実は、一番の受診理由は口コミです。ありがたいです。感謝いたします。

先進医療の多焦点手術はおそらく今年度いっぱい(2020年3月まで)で先進医療枠から外れる可能性が非常に高いです。

先進医療特約に加入している患者さんは、白内障手術の適応検査のために今年中の受診をお勧めいたします。

メニューリスト
  • 新しい子供の近視治療~目薬で近視進行を抑制する~について
  • 多焦点眼内レンズについて
  • 目の病気について
  • 院内設備のご紹介
  • 白内障手術について
  • ICL(有水晶体眼内レンズ)について
院長紹介
診療案内
リクルート