9月9日診療について:事後に想うこと


外来担当医の武田医師、自宅のある都内からなんとか出社しました。

日比谷線、都営浅草線で泉岳寺まで来て、泉岳寺から品川まで台風熱波の中徒歩で移動し、

入場規制で長時間待たされたうえようやく乗車できたとのことです。頭が下がります。

手術の患者さんも、今日はなんと三浦半島の南端、三崎口からの方もいらっしゃったのですが、三崎口駅で1時間半もず~~と

入場規制を待っていたそうです。でも午前中にいらしてくださいました。本当に頭が下がります。

そのほかの患者さんも、車で16号の激しい渋滞の中いらしたり、激混みのバスでいらしたりと、14名全員が来院され、無事に手術が終了しました。

その間、院長は手術しながら合間に外来患者さんの診察にあたりました。なかなかな激務でした(;’∀’)

(9/10追記)

クリニック近くの公園の大木が根元からぽっきり折れてしまってました。たまたま公園側に倒れていましたが、逆側なら道路をふさぎ、民家の屋根を直撃していたことでしょう。

とにかく最近の異常気象はもはや「異常」とは呼べないほどの頻度で発生しますし、台風や大地震でなくても、単なる「大雨」でも複数の方が亡くなるような時代です。

戦争や交通事故などとは全く異なる次元で、日常生活のすぐそばまで、生命の危機が訪れているように感じます。日頃からの防災訓練などしっかりと危機管理意識をもちたいものですね。

もう一つ想うことは、仕事への姿勢です。仕事に出かけることが自分の生命よりも大事なはずはない、これくらいはコンセンサスが得られているかと思いますが、今回のように深夜帯に通過した台風の影響で交通機関が乱れると、

天気自体は回復しているので「仕事にいかねば」(仕事にいくのは)当たり前のこと、という風潮が強すぎるように思います。

交通機関が不通になれば、「来れる人だけ出社して働けばよい」という風潮にならないといけないように思います。

ちなみに当院は院長はじめスタッフの複数が近所在住なので、いざというとき(京急の不通など)もなんとか開院できますのでご安心くださいませ。

 

 

 

 

メニューリスト
  • 新しい子供の近視治療~目薬で近視進行を抑制する~について
  • 多焦点眼内レンズについて
  • 目の病気について
  • 院内設備のご紹介
  • 白内障手術について
  • ICL(有水晶体眼内レンズ)について
院長紹介
診療案内
リクルート