新しい近視手術ICLのご案内


ICLとはレーシックに代わる新しい近視手術です。

Implantable(移植できる)contact lens(コンタクトレンズ)の略語であり、文字通り「コンタクトレンズを目の中に埋め込む」手術です。(本当はちょこっと違うのですが、この方がわかりやすいので)、わずが10分程度の日帰り手術によって、コンタクトレンズやメガネを使わなくても、裸眼ですっきりと見えるようになります。

レーシックよりも見え方の質(コントラストといいます)が圧倒的に良好で、視力の戻り(いったん良くなった視力が時間とともに徐々に悪くなってしますこと)がほとんどありませんし、ドライアイにもなりにくいです。

コンタクトレンズと比べると、朝晩の脱着の手間から解放されますし、長時間の装用による角膜ダメージも生じません。

しかも、例えば20歳から70歳まで使い捨てコンタクトを使うと、軽く300万以上のコストがかかりますが、ICLならたった一回の日帰り手術で一生涯、裸眼生活が送れるので、実は240万以上お得なのです。

一方、短所はというと、眼内にメスを入れるので、眼内炎のリスクがあることでしょう。私はこれまで、18000件を超える白内障手術を始めとして、数多くの内眼手術(目の中を治す手術)を執刀してきました、眼科手術のエキスパートと自負しております。最新の近視手術ICLは、ぜひ私にお任せください。

ICL手術を受けると、メガネやコンタクトレンズ要らずの夢のような裸眼生活が始まります。

価格は、乱視の度合いによりますが、65万円~70万円です。

術後1か月の定期検査代や診察料は無料となります。

さらに、ご希望の方には分割払いにも対応しています。

さらに今回、開院5周年記念として特別に初回適性検査を無料といたします。

ぜひこの機会に無料適性検査をお申し込みください。

お申込みお問い合わせは下記まで。

045-780-5252

メニューリスト
  • 新しい子供の近視治療~目薬で近視進行を抑制する~について
  • 多焦点眼内レンズについて
  • 目の病気について
  • 院内設備のご紹介
  • 白内障手術について
  • ICL(有水晶体眼内レンズ)について
院長紹介
診療案内
リクルート