私は横浜市立大学病院で眼科臨床の研鑽を積み、ハーバード大学スケペンス眼研究所において移植免疫の研究に従事した後、横浜南共済病院で多くの多焦点眼内レンズ手術、網膜硝子体手術、緑内障手術などをてがけてまいりました。
平成26年に「金沢文庫アイクリニック」を開設し、大病院での豊富な経験に基づく質の高い手術医療を、小さいクリニックならではの高い専門性ときめ細やかなホスピタリティーをもって実践しております。これまでに執刀した白内障手術件数は約17000件を超え、特に専門的に行っている多焦点手術は厚生省認可の先進医療レンズ、国内未承認のオーダーメイドレンズや画期的な3焦点レンズを合わせて約1500件を超える実績があります。
手術治療以外では、お子さんの近視予防治療に注力しています。低濃度アトロピン治療やオルソケラトロジー治療など、常に最新の治療を皆様にご提供してまいります。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

院長 樋口亮太郎日本眼科学会認定 眼科専門医 前 横浜南共済病院 眼科部長

多焦点眼内レンズは遠くにも近くにもピントが合うため、メガネ無しで運転が出来、同時に老眼鏡なしに新聞が読めるようになる画期的な眼内レンズです。さらに通常の多焦点眼内レンズはもちろん、完全オーダーメイドの乱視矯正多焦点レンズにも対応しています。(国内未承認)

詳しくはこちら。
  1. 高性能HEPAフィルターを完備したガラス張りのクリーンルームで、患者さんのご家族に手術のすべてをお見せする、清潔で開かれた 手術治療を提供します。
  2. 当院で治療が困難な場合、その患者さんにとって最良な手術医療が 提供されるよう、最適な高次医療機関をご紹介します。
目の病気について院内設備のご紹介
手術室のご紹介
メニューリスト
  • 新しい子供の近視治療~目薬で近視進行を抑制する~について
  • 多焦点眼内レンズについて
  • 目の病気について
  • 院内設備のご紹介
  • 白内障手術について
  • ICL(有水晶体眼内レンズ)について
院長紹介
診療案内
リクルート